僕の友達でプロの産業翻訳家の人がいるのですが、彼が今、「最短でフリーランスの翻訳家」になるためのスクールを立ち上げようとしています。

その無料モニターとして、TOEIC600点レベルの人が翻訳家として年収500〜1000万円レベルを稼げるようになるための指導を受けてみたい方を2〜3名募集しています。

対象者

以下のような方を対象に募集しているとのこと。


◻️会社に所属せずに、自由な時間で働きたい方。
◻️自分のスキルを高めながら定年のない仕事をしたい方。
◻️フリーランスの翻訳家として、安定的に生活していきたい方。

その友人の経歴と応募方法

彼自身は国立大学を卒業後、翻訳講座でみっちりと勉強をし、1年後にやっと翻訳会社のトライアルに合格。

かれこれ5年近くも、産業翻訳を翻訳会社から受けて仕事をこなすフリーの翻訳家として活躍されています。

特許の翻訳もやっていて、どんな翻訳がレートがよく効率的に収入を得られるのかについても、詳しいです。

今回、彼自身が

・翻訳講座に40万円以上を投資し、
・1年かけて倍率約10倍とも言われる翻訳会社のトライアルに合格し、
・5年近くにもわたり、稼ぎ続けてきた

そんな経験から「翻訳家になるための最短距離」の指導を無料で受けられるめったにないチャンスです。

興味がある方は以下の内容を読んで、

何でも翻訳部:翻訳指導のモニター募集!

こちらのフォームからメルマガ登録をしてください。

登録確認のメールへ、【無料モニター募集の件】というタイトルでメールをして頂ければ、フリーの翻訳家としてデビューできるところまで指導してくれるそうです!

なお、無料モニターの枠が埋まり次第、予告なく募集を打ち切ってしまうため、ご興味のある方はお早めにお願いします。(ただメルマガに登録してどんな感じなのかの情報収集だけでも大丈夫だそうです!)

無料モニター募集の条件、資格

以下の2点の条件を満たせば問題ないとのこと。

・TOEIC600点前後の英語力がある方
・週12〜13時間を翻訳の学習に当てることが出来る方(トライアル合格まで半年〜10ヶ月程度)

僕自身も、勝手な思い込みで、

「余裕でTOEIC満点取れるくらいの英語力がないと無理なんじゃないか?」

と勘違いをしていたのですが、彼いわく

「英語力はTOEIC600点くらいあれば大丈夫。それよりかは翻訳会社に求められるものを短時間で作るスキルの方がずっと大切です。」

とのことです。

実は、僕自身もわりと英語が得意(TOEIC910点)なので翻訳家になることを検討した時期もありました。ただ、翻訳家になるのであれば、

・TOEIC満点レベルの英語力
・仕事を常に獲得していくための営業力

を身につけていかなければいけないと思い、当時は別の道を選びました。

しかし、これは勘違いだったようで、

・TOEIC満点レベルの英語力はいらない。TOEIC600点レベルの英語力があれば、あとは翻訳の勉強をすれば大丈夫。
・翻訳会社のトライアルに合格すると、仕事を定期的にしっかりともらえるので、自分が常に営業をする必要はない。

とのこと。

今回のモニター募集は、人数が増えてきたら打ち切られてしまうので、興味がある方はお早めに以下のリンクから登録をしておいてください。

何でも翻訳部:翻訳指導のモニター募集!


フォローすれば更新情報が受け取れます。

↓ツイッターでのフォローはこちら。

↓フェイスブックぺーじでのフォローはこちらから「いいね!」。
Screen Shot 2016-06-29 at 8.33.57 PM

英語講座のお知らせ

このブログを通して、これから留学する方、留学中の方、赴任中の方などから、

「どうすればネイティブと英語でコミュニケーションをとることができるようになるのか?」

という質問を多くいただくようになりましたので、英語圏の人と対等に会話をする能力を身につけるための英語講座を、2人のネイティブスピーカーに協力してもらい、制作しました。

以下のバナーから内容の詳細をご確認ください。講座に関して質問などがあれば、いつでも、このブログのメールフォームからご連絡をくださいね!